スポンサーリンク

【IT業界脱出】客先常駐が良くない理由

労働者の皆様。


こんにちは。人売りIT企業のドナドナされていた元プログラマーのリェータです。


客先常駐という名の人売りIT企業に悩まされている人はご存知かもしれませんが。今回の記事は、IT業界を志す若者向けの記事です。


結論から言うと、IT業界へは来ない方がいい。正確に言うと、会社自身が独自の製品、サービスを生み出せていない客先常駐がメインの会社へ来てはいけない理由を書いていく。


元プログラマーとして5年間、客先常駐としてドナドナされていた者の意見を書いていきます。

スポンサーリンク

客先常駐が良くない理由

IT業界の客先常駐はなぜ良くないのかというと、実態が派遣だからです。正社員で入社した人からはクレームがきそうですが、どう言っても正社員ではありません。実態は派遣です。


これだと、「派遣は良くない」と言っているだけなので、もっと具体的な事を書いていきます。

まずは、客先常駐の流れ

客先常駐されていた方ならわかるかと思いますが、以下のような感じで客先で働きますよね?

  1. 常駐先のリーダーと面接
  2. 常駐先のリーダーとの面接結果が合格なら常駐決定
  3. 派遣元とも雇用契約を結ぶ
  4. 常駐先で勤務開始(派遣元会社は派遣代金を客先からもらう→売上→あなたの給料)
  5. 契約が終了したときに常駐は終わり

といった具合です。正社員として雇用をされていようが、派遣と実質的に変わらないですよね。


契約が完了したら自社に戻ると流れも同じで、この客先常駐の問題は、派遣と同じような問題があります。


そして次の派遣先・常駐先が決まらない限り、その技術者は待機させておくことになるので、稼働が無い技術者へお金を払わないといけません。


この流れは働く上では決定的な問題があります。それは・・・・

事実上の年齢制限

歳をとると、受け入れてくれる常駐先が少なくなる特徴があります。客先のリーダーが歳を取った技術者に指示が出しずらいなど、があれば、「要らない」と返事を出して技術者の受け入れてくれません。


転職活動をしたことがあれば分かりますが、年齢制限のかかった求人も多いですよね?これと同じことが客先常駐で派遣されるときに起きるのです。


客先で働けない技術者は、社内でお金を稼げないダメ社員といわれてしまい社内失業状態になって退職を強要されます。


なぜなら、派遣できずに待機をしている技術者というのは、会社から見たら、お金が浪費する存在だからです。その技術者がいる限り会社は、売上が無いのに、給料を払い続けないといけません。


営利企業である限り、お金を稼がないと会社は倒産しますので、お金を稼いでこない人を雇い続ける会社って存在しますか?という疑問にぶち当たります。会社も慈善事業ではないのだから、お金を稼いでこない高齢技術者を解雇するのです。

長時間労働するほど「会社」が儲かる

派遣元と派遣先の間で準委任契約というものを結びます。この準委任契約というものは成果物を定めないで、エンジニアの労働時間に基づいて対価を支払う契約です(ちょっと違うかも・・)


このエンジニアを派遣して労働時間で対価を決める方法だと、エンジニアは月に140時間~180時間の労働は**円、この前述の規定時間に満たない場合は派遣料金は控除します・・・というような契約です。


ということは、エンジニアが有給休暇を取得したり、効率的に仕事を終わらせて労働時間が短くなると、派遣元のエンジニア派遣に係る売上は減ることを意味しますので、エンジニアが有給休暇が取れない事態が生じます。


逆に売上を上げたかったら、エンジニアを長時間労働が生じるプロジェクトに放り込めばいいのです。そうすると規定時間を超えた分だけ会社の売上があがります。その増加した売上=長時間労働なのでエンジニアは苦しのです。

虚業の中抜き屋は責任を取らない

政府  1億円で発注

大企業 2000万円で発注

中小企業A 1000万円で発注

中小企業B 500万円で発注

中小企業C 200万円で発注

エンジニアに 50万円手元に来る


この手のプロジェクトで炎上・遅延が発生したときの責任の所在が間全くわかりません。なぜか一番お金を取り中抜きした奴が責任を取らず現場のエンジニアが長時間労働で酷使される事態が生じます。


一番、お金を取っている大企業の技術者が全く仕事できないクズの癖に給料が高く、仕事内容が把握できず、下っ端エンジニアが仕事を把握して進めているという意味不明な状況が生じます。


多重偽装請負現場あるあるなんだよな。炎上・遅延の責任を取らないなら、何のための「大企業や中抜き業者」がいるんだよ。金をとっているんだから、お前らが責任とれよ。なんで一番薄給の現場のエンジニアが責任取るんだよ?

常駐先が変わる旅に、人間関係はリセット

常駐先が変わると新人として派遣されますし、また書きますが、歳をとった新入社員を欲しがる職場って日本でありますか?


もう一度書きますが、転職活動をしたことがある人なら理解できるかと思いますが、年齢制限つけて、応募できる、受け入れる人に制限をかかるのが、日本では当たりまえです。

帰属意識がゼロ

常駐でずっと働いて売ると会社への帰属意識が無くなってきます。


これも客先常駐のデメリットだと思います。簡単に言うと、所属している会社のことが、どうてもよくなってくるんですよね。


だって、自社の人間なんて普段関わることが皆無何ですし、給料を振り込んでくれる存在になっているだけだと思います。


月1回作業報告を兼ねて本社に報告することもありましたが、機密に触れるため無難なことしか書けませんでした。忘年会を開いたって初めて見る人ばかりで、親近感も湧きようがなかったです。

マネジメント能力は積めない

客先常駐は、派遣と同じ以外にもデメリットがあります。それは、管理職としてのキャリアを積むことが不可能であるという点です。


派遣されてくる技術者のマネジメントは、客先の社員が行いますので、常駐先の人に使われる立場から抜けることはできません。なので自己の成長に結びつく経験が付きにくいです。


実例を挙げると、スケジュール管理をしたり、指揮を執ることができません、これらのことは常駐先の社員の仕事だからです。


中には、これら管理職の仕事をやらせてくれる現場があるというのを聞いたことがありますが、そのような現場は私は聞いたことがないです。


言われたことを忠実にこなす人を常駐先は欲しがり、マネジメントをする派遣技術者を欲しがる現場は見たことがないです。


プログラマーやエンジニアとして客先常駐としてプロジェクトに参加すると、プロジェクトを管理・指揮する経験を積むことが難しいです。


管理職としての経験が積めないまま、色々なプロジェクトに参加を繰り返して歳を取って常駐先から切られたときに終わります。


客先常駐をしているエンジニアの人に聞きたいんですけど、常駐先に、プロパーではない、50代のエンジニアの人って見たことがありますか?私は見たことがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました