アクセスランキング 自己投資をして資産を減らす愚行 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

自己投資をして資産を減らす愚行

      2018/05/22

労働者の皆様。
こんにちは。リェータです。囚人より働かされる21世紀奴隷の皆さん、月曜日が始まり今週も懲役が始まりました。塀の中の囚人より働かないといけない現代奴隷の皆様には、非常にお気の毒です。

私は、こんな労働をいつまでしないといけないのか?と常に悩み続けています。本当に世の中不公平、生まれた時点で格差がある、金がないものは尊厳を踏みにじられる資本主義、かといって労働者の管理を行うものが搾取をする社会主義もいやですね。

そんな現代奴隷の境地から脱出を試みる、こんな3流ブログの読者、愚痴りながらも労働と浪費を繰り返すもの、奴隷道を究めるもの好きな者がいる。そんな中で、奴隷道を究める多数の人たちを見ていく。

カフェで資料作成

仕事が終わらわないのか、カフェで資料を作成している人がいる。勤務時間外だと思うが、何を彼を動かすのだろうか、この資料作成の時間を残業時間として申告ができるならいいが、残業代がでないなら悲惨である。自分の時間を切り売りしてお金が貰えないなんてのは論外である。働いてもお金が貰えないなら囚人です。人にそんな仕打ちをする会社に貢献するようなことはあってはならない。

資格の勉強

将来独立して自分の力で稼ぐための勉強なら「有り」だと思う。例えば弁護士、会計士など、国家が試験合格者に付与する業務独占資格なら将来の自分の稼ぎに影響するし、自分を儲けさせる努力はするべきです。これらの資格は業務経験を積むために、法律事務所や監査法人に入るために必要で、その下積みをするために、その資格を取得するなら有りです。

ただ、より良い職業に就くための勉強はあまりお勧めできない。それだと勉強して資格を習得して、労働してお金を稼がない事には変わりないし、他人に収入を決められる状態からは抜け出すことができない。資格取得とお給料の金額はあまり関係がない。資格を取っても所属会社が儲かってなかったら無い袖はふれないので、昇給はしません。ただ投資の種銭を作るために働くというは有りです。というか、ほとんど私を含めた貧乏人はこれをしないと労働から抜け出すことができません。

労働から奴隷が逃げるのを阻止するための洗脳が義務教育であり、消費意欲を煽って、奴隷が持つ投資資金を減らすため工作がCMです。

投資の勉強

投資の勉強の前提として、投資の元手となる種銭が必要で、多ければ多いほど成功率が上がります。種銭が1000万円あるなら、資格の勉強をするより、投資先を勉強、探した方が、簡単に月に2、3万ぐらいは手に入る。会社で昇給を目指すくらいなら、リスクを取って貯金という種銭を作り、それ元手に投資をしたほうが多くのお金が手に入る。

そのお金は労働して得た収入ではないので、あなたが会社を辞めて会社を辞めようが、上司を殴って解雇されようが入ってくる収入です。労働収入よりこちらの方がよくないですか?ただ、投資の欠点は纏まったお金がないと、収入は微々たるものです。

なんか、前にも似たようなことを書いたけど、それだけ資本主義の本質に気が付いていない人が多いんでしょうね。まヵ日本の義務教育がサラリーマンを生み出すための物だから仕方がないですけどね。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 投資

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。