アクセスランキング 楽しい楽しいお給日 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

楽しい楽しいお給日

      2018/05/26

労働者の皆様。こんばんはリェータです。
このブログを記事を書いていると嫌でも周りの人が話している会話が聞こえてくる。その中でも嫌でも耳に入ったのがお給料の使い道である。事実上の強制労働の対価としてのお金をもらうわけだが、そのお金を何に使うつもりなのか?

ふと気づいたが、2018年が始まり、もう20日以上経ったのか、時間が経つのが早いものだ。それだけ歳をとったのだろう。嫌でも耳に入ってきたお給料の使い道を書いていく。

海外旅行に行く

女性2人の会話を悪いと思いながら聞き耳を立てていたら、東南アジアに1週間ほど行くそうです。タイに行くやら、ベトナムに行くやら、友達と行く海外旅行先を決めているようである。世間ではボーナスを入りお金が余裕がある人が多いのでしょう。

国を決めて、行く街を決めて、ホテルを決めるという一連の流れは確かに面白いですよね。気持ちはわかります。私も旅行を計画したことがありますので理解できます。勝手な個人的な意見ですが、旅行は一人でしたほうがいいです。相手に合わせることもなく、好きな時に、好きな街、お店に行く。そして、メージャではない、マイナーところに迷い込む。観光客が来ない場所、お店、街にいくのが面白いです。

私は旅行というより旅が好きなんでしょう。何にも縛られない気ままな一人旅。ざっくり次行くところ決めるだけです。

恋人の同棲?生活の話

カップルが話しているのが聞こえているのだが同棲するための物件の家賃に充当したいという話が聞こえてきた。2人で済めば生活費は下がりますね。ただ、良い物件に住みたいというのに拘って家賃が高くなるのは避けたいですよね。家賃という固定費を上がることは、長い時間労働に縛られることを意味します。

私のお給料の使い道

海外旅行は今は興味がないのでしないでしょう。働いた得たお金を使うとその分だけ働かないといけない。働きたくないからお金を貯める。そのお金を投資の種銭とし労働から解放されたい。

そして生活費を上回る不労所得を得て、毎週月曜日の朝、会社に向かうサラリーマン共が、駅の改札に吸い込まれるのを見ながら、ベンチに座り、生ビールを飲み、ポテチを食べながら「今週も労働お疲れ様」と声をかけ、その光景をyoutubeに載せて、「これから仕事だけどそんな気分?」「貧乏人は働かないといけないから大変だね」とか言って「サラリーマンを煽ってみた」というタイトルの動画を投稿したい。

私って性格が悪いね。早期リタイアをしても実際はやらないだろうけど・・・

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - サラリーマン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。