アクセスランキング 株主優待をやめろ - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

株主優待をやめろ

      2017/04/30

株主優待をする企業の目的を考えてみました。

株を長期保有してほしい

企業側のメリットは自社の株を長期間持ってもらい、
半年、1年で景品を出して、
お買い得感を感じさせて株を持ってもらうというのが理由だと思います。

私も子供のころ、おまけが欲しくてビックリマンチョコや、
プロ野球チップスを買ってましたよ。

そもそも株を買う理由は?

株を買うそもそもの理由は、企業価値が上がり、
それに伴う株価の上昇で利益を得るのが目的なんだけど、

このおまけに目が言って、本来の目的から目をそらすのが目的なんだろうね。
この株主優待の原資は企業の利益なので、株主優待をやめて内部留保すれば、

株価上昇につながりますし、配当に回すべきお金を株主優待に
変えているだけでしょう。

物でもらうより現金でもらった方がはっきり言って嬉しいですし、
その会社の製品や割引券をもらってどうするんでしょうかね。

よく行く居酒屋とかレストランの割引券のような実用的な物ならいいですが、
東京在住なのに、大阪のホテルの割引券をもらっても意味がないです。

なので、もし大阪のホテルの割引券をもらったとしても、
ヤフオクとかに株主優待の景品が売られていますよね。

株主優待をするにも費用がかかる

株主優待で景品を送るにも、梱包、郵送費用が利益から出しているので、
株主優待用の物品を発送するために人を雇えば

その分の費用が企業の利益が減るわけです。
株主がその費用を負担していることを知らないといけない。
自腹を間接的にきってまで優待はいらないです。

株主優待の切符を貰おうと考えた

優待を貰って、自分の生活に役立てようと考えてこともありますけど、
たとえば私鉄の切符なんかはいい例ですが、
たくさん切符を貰おうとすると、資金が1000万以上いります。
株価が1%動いただけで、その優待以上の利益が得られてしまいます。

こういうからくりに気づいてから株主優待を
やっている企業の株は買わなようにしています。

だって、株主を儲けさせる企業努力が足りないですし、
情報弱者の目くらましで株価を維持することに共感できないからです。

そんなことをするなら、一円でも高く株価を上げてほしいです。
私が間違っているんですかね?

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。