アクセスランキング 接客業での無駄なこと - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

接客業での無駄なこと

      2017/08/28

転職活動をしているとき、ある有名な大型スーパーでアルバイトをしたことがあるので、そこでの経験を書いていく。いま、思い返すと無駄なことたくさんあったな。。。。

声だし

接客3大用語やら接客5大用語やら、詳しいことは忘れたが、簡単に言うと「いらっしゃいませ」やら「ありがとうございます」というような言葉を復唱した記憶がある。

これをやる意味があるのか?とつくづく思う。ずっと声出しをしていたら疲れますしね。それ以前に、スーパーで食べ物や飲み物を買う時に、店員さんが声を出しているかどうか、なんて気にする人はいないでしょう。

物を買う時の基準は、「自分が欲しいもので、且つ値段が手ごろである」というのが普通でしょう。どこに店員さんの元気の良さを考慮して買い物をする奴がいるんだ?

お辞儀の角度

すごいどうでもいい。そんな1円にもならない研修にお金を使うなら、私がいつも買っているお肉の値段を下げてほしいものです。

愛想がいい

スーパーで働いている時給1000円の店員さんに、「愛想をよくしろ」なんて言いませんよ。スーパーに要求することは欲しいものが安く買えることです。時給1000円で愛想を良いと「申し訳ない」気持ちになるのは私だけだろうか。

失礼でなければ、なんでもいいです。暇なときはあくびをしていてもいいし。スマホを弄っていてもいいし。副業をしていてもいいです。

時給が低すぎ

余談だが、時給1,000円×1日8時間×月20日の合計は16万円だが、そこから健康保険料、年金保険料や所得税、住民税を引かれると手取りは13万円行きません。13万円というのは単身の生活保護を受ける人が貰える金額です。

時給1000円でフルタイムで働いても、国が定める文化的で最低限な生活を送るために必要なお金が手元に残りません。なので、時給1000円で働いているスーパーの店員さんの態度が悪いとか、気が利かないと文句をつけるのはご法度です。

そんな低い時給で労働させられたら誰でもストレスが溜まるだろう。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - サラリーマン ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。