アクセスランキング 履歴書からTOEICのスコアを消した - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

履歴書からTOEICのスコアを消した

      2017/10/25


正月に必須。おせち厳選情報をみんなのお祝いグルメで揃えております!
日本一のおいしいマグロを全国にお届け!まぐろお取り寄せ通販専門店【マグロの吉井】
大事な人にゴディバのチョコレートはいかですか?


こんにちは。リェータです。私は転職サイトに今までの職務経歴や資格などの情報を登録をしているのですが、英語の使った仕事はしたくない、オファーはいらないのでTOEICの情報は消すことにした。

英語ができようが待遇に大差なし

これが一番の理由である。色々な刑務所(会社)から入所のオファーが来るのだが、「英語を使った経験が積めます」とアピールをされるが、全く興味がない。むしろ、やることが増えるだけで私にメリットが無いので、私の履歴書からTOEICの情報や英語がちょっとできる情報は消すことにした。

外資系の企業にいけば、待遇は向上するかもしれませんが、本質的なところに触れると、出世しようが、転職しようが、働かないといけないことには変わりないです。それ以前に、他人を金儲けを手伝うようなことはしたくありません。語学の勉強する暇があるなら、自分を儲けさせることに労力を振り向けるべきです。

英語ができることで、週5日が週4日勤務になるなら、英語の勉強をしているでしょう。

英語は嫌い

英語は話せる、書ける、読める、聞けるが、英語は嫌いなのである。なぜならストレスが溜まるからです。日本語と比べたらわかることに制限が付くし、微妙な言い回しをすることは私の英語力ではできません。また、かなり耳を傾けないと相手の事を言っていることは理解できません。話半分、上の空では英語は理解できません。

この集中して英語を聞くというのが私にはストレスです。私は別に、アメリカ、イギリスが好きだから英語を勉強をしているのではありません。ただ単純に便利だから勉強しているだけで、日本語が英語のような地位だったら語学はおそらく勉強はしません。

語学なんてお金にならない物の最たるものです。その手間を投資に振り向けるべきです。英語ができるようになりたい人が多いですが、英語だけできても、仕事はありません。アメリカ、カナダ、オーストラリアにも無職はいます。

義務教育に英語はいらない

日本の学校教育で英語なんていらないでしょう。勉強したってお金にならないし、英語なんてのは通訳に任せればいいだけの話です。子供の貴重な時間を使ってやることではありません。

それより、義務教育で教えるべきことは、お金になるスキル、手に職を習得させること重視し、外国人には、日本語を覚えさせる工作をした方が遥かに良いと思ってますよ。世界の人が日本語を覚えてくれれば、こっちが語学なんかに時間をかけなくてもいいようになるからね。アメリカが強いのは、語学の習得に時間をかける必要がなく、余った時間を理系の教育につぎ込めるのが理由なのでは思ってる。

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - サラリーマン ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。