アクセスランキング 専業主婦希望ってだめなんでしょうか?彼と意見が合いません - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

専業主婦希望ってだめなんでしょうか?彼と意見が合いません

      2018/05/22

労働者の皆様。
こんにちは。労働嫌い、人間やめたい、猫になりたいと思っている労働意欲ゼロ人間代表のリェータです。今日は発言小町というウェブサイトから気になる相談を見かけたので、適当に意見を述べていく。。。

引用元はこちらです。

現在私は大学生、彼も大学生でお互い来年卒業する予定です。ただいま就活中で、時期尚早というか考えること自体おかしいと思うのですが、働き出したら彼とすぐ結婚したいと考えています。彼は受験で浪人してるので年は一つ上ですが学年は同じです。

そこで、真剣に彼と結婚のことについて話し合ってみました。わたしは妊娠するまでは正社員として働いて、妊娠すれば寿退社?してそこからは専業主婦でやっていきたいと考えています。もちろん結婚してすぐこどもをもうけるのではなく、ある程度働いてからにしようと思っていますが、最終的には専業主婦になって、こどもを母親のいる温かい家庭で育てていきたいと考えています。私の母親も専業主婦で、家庭がとても幸せだったので、子供にも同じ環境でいさせてあげたいのです。

しかし、彼はどうも専業主婦についてあまり良く思ってないらしく、(彼の母親も共働き)専業主婦になるなら結婚しないとまでは言いませんが、子供ができたら産休、育休までにしてそのあとはフルタイムで働いてくれないかと言います。

彼も私も一人暮らしで、家事はひととおりできますし、料理はそういうバイトをしていたせいで彼のほうがうまいです笑。彼も家事は公平に分担するスタンスです。たしかに私も、今の時代、共働きは当たり前だし、彼が働けなくなる不安もある思うと働いていたほうがいいのかなと思いますが、こどもはさびしい思いをするだろうなと思うとかわいそうに思えてなりません。

まだまだ先のことで考えすぎかなと思うのですが、彼のことを本当に愛しているし、絶対に彼と結婚したいのです。しかしこの価値観のズレでは結婚生活はきびしいのでしょうか。人生の先輩方、アドバイスをお願いします。

私はもちろん「専業主婦には反対です。」反対する理由を書いていく。。。

学費を捻出できない

学費とは、将来の子供の学費です。子供一人、大学卒業まで育て上げるのに、1人2000万円かかるといわれています。医学部ならもっとお金がかかります。2000万円を稼ぐのと、子供を育てることを同時に行うと考えた時に、2000万円というお金を20年で稼ぐと年間100万を子供のために稼げないといけません。それに加えて自分の生活費、妻子がいれば大きめの部屋を借りる必要があります。

そうすると、夫妻と子供1人が生活するには、手取り20万円以上は必要なんじゃないでしょうか?都内だと家賃が高いのでもっと必要かもしれません。夫一人で、生活費を稼ぐとなると、夫の健康面が心配です。職場での人間関係や残業続きで逃げられず精神がやられるかもしれません。稼ぎ頭が一人だと、夫が倒れたら無収入になる恐れがあります。

女性が専業主婦になりたがる人がいる記事を読むたびに考えることがあるんですけど、夫が一人サラリーマンで稼ぐお金なんてたかがしれいます。それ以前に、「夫がなぜ20年以上も働き続けることができる」と思うのですが?日本の労働環境が劣悪なのは周知の事実ですよね?そもそも20年以上も収入を継続的に得られる前提で、妻が仕事を辞めて専業主婦になるのはおかしい。

夫や妻が子供にしてあげられる最大の事は高等教育だと思っています。子供が将来、飯が食える職業に就くためには、投資という教育が必要です。夫の薄給が原因で子供が進学を諦めることになったら可哀そうです。

生殺与奪を握られる

相談内容を見ていると大学生で、アルバイト経験があるようですが、お金が無いと日常生活に色々と制限が付くのが理解できないのでしょうか?家賃は親からの仕送りでしょうか?一度、就職してみて親の仕送り無しで生活をすれば理解ができますでしょうか。学生だとまだ、親からの庇護あるでしょう。

一度、フルタイムで働いて、世の中の男性、お父さんのすごさ、労働の辛さを一度、経験したほうがいいですね。いくらこの女性に言っても私が言っていることが響かないと思いますよ。私ね。若い女性からの相談って嫌いなんですよ。結論ありきでただ肯定してほしいだけで物事が解決しない。若い女性とやり取りすると、共感することなんてなくても、共感しないと勝手にキレるので、無理やり女性に合わせます。だから、「わかるwわかるw」と言って、機敏、柔軟、そつなく言います。

労働の辛さを身に染みて、お金を稼ぐためには、やりたくないことをやらないといけない。お金が無い物は尊厳すら踏みにじられることを経験すればいい。

専業主婦は例外

専業主婦なんてものは日本の高度経済成長期に出てきた例外中の例外です。私たちのご先祖様の大多数は農民で、みんな性別関係なく農作業をやっていたんですよ。家の事だけをやっていればいいなんてありえないです。

畑で生計を立てていた時代だと村社会なので。大家族が多かったと思います。だって子供の数=働き手の数ですからね。その大家族の内1人が倒れたら、他のメンバーが倒れた人の面倒をみれましたけど、今は核家族で3、4人しか人がいないでしょう。1つの家庭の働き手が少ないうえに、働いてお金を稼いでこないなんて論外でしょう。女性自身が一番わかっているでしょう?無職の男性の面倒を見る女性なんていないでしょうw?

本当に彼の事好きなのか?

男性に聞きたいんですけど、本当に好きな女性の為ならきっちり働いてお金を稼ぎますよね?そして、好きな人には経済的な負担を押し付けたり、女性を大黒柱にさせて働かせようとなんて思わないですよね?

この女性は。本当に彼が好きなら、彼の経済的な負担になるようなことを避けると思うんですけど違うの?男性は女性の経済的な負担になるようなことを極力さけるんですけどねw。世のほとんどの既婚者の男性がやっていることです。だから過労死するまで働いているんですよ。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 発言小町

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。