アクセスランキング 実家に戻ればリタイアしやすくなる - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

実家に戻ればリタイアしやすくなる

      2018/08/08

こんにちはリェータです。

メールで「そんなに労働嫌いなら、アパートから引き払って、実家に帰えれば家賃が浮きませんか?生活費が下がってリタイアしやすくなりませんか?」というメッセージを受け取った。たしかに、実家に戻れば家賃はかからず固定費は下がる・・・

以前、母と話したときも「お前の戻るところはあるからね。」と言われたが、確かに生活費を下げる目的で実家に住むというのは選択肢としてありだが、実家に戻るという選択肢はない。

生活費をいれる

プログラマーとして働いていた時は、月に6万円を実家に入れていた。アパートを借りることも考えたが借りなかった。なぜなら実家から職場までが1駅で、アパートを借りて家賃を支払い、残業が多すぎて実家にいることもほとんどなかった。、寝るためにアパートを借りるのは経済的によろしくなかったからです。

私の今の気持ちとしては、今の仕事を辞めてまでして実家に戻りたくない。実家に戻ると両親がいるが、私の父は65歳で会社員として未だにサラリーマンを続けていて、母親は訪問看護のパートをしている。両親が必死に働いているのに、30過ぎたオッサンである私が、実家に居続けるのは非常に辛い。両親が働く光景を見ながら怠惰な無職生活を続ける根性は私にはありません。

逆に無職の私が実家にいたら両親に「リェータの未来は大丈夫だろうか?」と思われるのは確実です。私は無職になって怠惰な生活、労働とは距離を取る、何もしたくない、何にも拘束をされたくありません。私が嫌々労働をするのも、ひとつは「リタイア資金を貯める為」ですが、もうひとつは「両親を心配させたくない」のが理由です。自分で会社を興して儲けられる程の能力は私にはないので、今はサラリーマンをしているしか方法がありません。

そんな姿の私を見たら、両親がストレスをため込むのは確実です。年老いた両親を見るたびに心が痛むのに、さらに心配をかけるようなことはできないのです。例えば、朝から晩まで、ゴロネをしている姿を両親に見せるとかですね。実家に戻って3,4日くらいなら両親も「リェータが戻ってきた」と考えてくれるでしょうが。

これが半年、1年という長期間になったら話は別で、両親から「働けとか」言われる光景が目に浮かびます。実家にいて、月6万をいれて、食費も使ったら、10万円くらいになるわけです。そうすると、親元から離れて位している「今の状態」と大差がないのではないのか?と思うわけです。そして実家には、もう私がいた部屋は物置になってますし、私の居場所がありません。そしてプライベートが確保できる空間もありません。

なので、現時点では、両親に迷惑をかけたくないのと、実家に戻ろうが生活費が変わらないので、実家に戻るという選択肢はありません。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 毎日の事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。