アクセスランキング 宝くじの高額当選者の半数は破産する? - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

宝くじの高額当選者の半数は破産する?

      2018/08/12

労働者の皆様

こんにちは。仕事嫌いのリェータです。本当の働きたくない。私のような労働嫌いの人、会社を辞めたい人の中には宝くじを買って大金を手に入れつ事を期待する人も多いと思います。

ただ、宝くじで高額当選をした人の、その後の話を聞いたことがありません。日本は宝くじに当たっても、当選した人は公表されませんので、どうなったかは分かりません。

高額当選者の半数は破産する

この話は日本の宝くじの話ではなく、アメリカの宝くじの話です。私が以前、聞いた情報だと宝くじに当選した人の半数ぐらいの人が破産ようです。高額当選をするといきなり大金が手に入ります。

そうすると貧乏暮らしをしていたときには抑えていた欲望が爆発するわけです。住宅、、ローンの支払等、サラリーマンとして働いていたら支払いに四苦八苦するようなものを苦労をせずに購入することができます。

大金を銀行口座に入金をすれば、その団高を見かけた銀行員が、高額当選者に声をかけるでしょう。その大金で銀行が進める投資信託を購入すれば、購入金額の0.1%なりの手数料が銀行の利益となりますから勧めてきたり、大金があると知った親戚、友達がたかりに来るのが目に見えています。

例えば投資や親戚にお金を渡していて年間1億円を使っていたら、5年で5億円という大金を使ってしまいます。高額当選でお金を手に入れてもお金をうまく使うことが不可能でしょう。

情報源は忘れてしまいたが、高額当選者の1割は自ら命を絶ちます。結果として不幸になっている。お金があるから幸せであるは違うような気がするが、逆にお金が無いから幸せになれないも違うかもしれない。

それに、高額当選をしたらサラリーマンなんて辞める人が多数でしょう。大金を使うのも5年、10年かかるわけです。大金が無くなった10年後に、働こうと思っても働かなくなる。アラブの石油王のように働かなくてもお金が湧いてくる人ならお金を使っても大丈夫でしょう。だって、現金以外にも現金を生み出してくれる資産をたくさん持っているから破産するようなこともないでしょう。

私も浪費するっか

私の手元に10億円が手に入ったら、全額米国債につぎ込んで、年間10億円の2.5%の利子を受け取りながらくらすでしょうね。私の目標はお金持ちになるようなことではなく、働かなない事です。この目標が達成されるので、10億円で住宅を買ったりするようなことに興味が全くありません。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - お金

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。