アクセスランキング 夜の10時にギターを弾くんじゃない - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

夜の10時にギターを弾くんじゃない

      2018/06/11

労働者の皆様。

こんばんは。リェータです。夜中という時間帯は週5日の強制労働で痛めつけられた体を休めている人が多数だと思います。私も仕事のストレスで負傷した体の細胞と精神を回復させている最中です。休息中なのですが、この休息を邪魔してくるものがいます。私の周りの住民は頭がおかしい、ぶっ飛んだ人間が多い気がする。

夜の10時にギターの音

ご近所のどなたか知らないが、休息をベットの上でしていて寛いでいると、どこからともなく。ギターを弾いている音が聞こえてくる。趣味でやるのには文句はないのだか、場所を借りるなりして、弾いている音が外部に出ないようにしてほしい。

子供の躾レベルの事である。それても「仕事が嫌い」「働きたない」「早期リタイアしたい」「仕事を私にふるな」「会社が北朝鮮から攻撃うけないかな?」と思っている私へ当てつけ?労働者と社会人と失格と烙印された私への罰か?

20代の時は気にもしなかった騒音なのだが、歳をとってくるとこういう騒音に我慢ができなくなってくる。ひどいとさらに、歌声も追加される。素人の下手糞な歌声も追加されるともう酷い。これが一日に2時間、3時間と続くと拷問である。体調が良いときには、そんな騒音に関係なく寝ることができるのだが、頭痛に悩まされているときに遭遇すると悲惨である。

家賃が低いアパートの宿命なのかもしれないが、非常識な人間もいるもんである。昔はこんな人はいなかったが、最近は酷くなってきたような気がする。

家賃の高低は住民の質に影響がある気がします。本当に最近は、そう感じるようになってきた。これはシェアハウスに住まずに「一人暮らしをしろ」という神からのアドバイスなのでしょうか。家賃を下げると生活保護を受けている人に遭遇することがあります。私が住んでいるアパートもいましたね。ただ、生活保護を受けることは全く悪くなくて、制度としてあるなら利用するべきです。

ただ、許せないのが生活保護って働いてないじゃないですか。ということは時間はたくさんあるわけです。その空いた時間を浪費して、ギャンブルしたり、飲んだくれて他人に絡んだり、女性を口説いたりするのは辞めてほしいものです。女性から見たら生活保護を受けている男性を彼氏にしたい人はいないんじゃないのかな?女友達に言われたことがありますけど、女性が彼氏にしたい男性というのは、彼氏にすると他の女性から羨ましがられる男性だそうです。女性が承認欲が非常に強いですよね。インスタとか見ていても、男性の自撮りはあまりないですが、女性の自撮りはたくさんあります。

引っ越したい気持ちが無いわけでもないが、職場から近く、家賃が安いため引っ越しはしたくないのである。引っ越すと敷金、礼金、仲介手数料とか、余計なお金を支払って投資の種銭を減らしたくない。引っ越し貧乏なんて言葉があるくらい引っ越しは多額の出費を強いられるのが辛い。

それに加えて、シェアハウスから抜け出して、一般的なアパートに住もうと考えるなら家具の買う必要もあるし、それも大きな出費です。そのお金があれば、株を買うこともできると頭の中によぎる。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 生活 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。