アクセスランキング 労働者から嫌労働の叫び声が聞こえてくる - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

労働者から嫌労働の叫び声が聞こえてくる

      2017/08/22

早期リタイアのブログの記事をネタを探していて、色々とまとめサイトを見ることが多いのだが、労働者の叫びが沢山聞こえてくる。やはりヨーロッパの考え方「労働は罰」は正しいのだろう。

労働が良いもので罰でないなら、労働しすぎて命が無くなることもないだろうし、「離職率」という言葉もないでしょう。
今回の記事を書くにあたり、見つけきた書き込みも貼っておきます。

会社は信用できない

・ブラック企業が好き放題やりすぎたせいで、日本人の勤労精神が使い潰されて、もう日本人は企業を信用しなくなった

・もう今は人が使い捨ての時代なんだね。会社からは簡単に裏切られるというのは、近年の大規模リストラの連続の歴史を振り返れば一目瞭然

ゲーム会社でのアルバイト時代に、上記の書き込みは経験しましたよ。10年以上前の話なので、「ブラック企業」という単語もなかった自医大です。人を一日15時間以上も拘束しておいて、残業代を払わないとか、人を何だと思っているのか?と考えることが良くありました。今思えば、勤務初日に寝袋支給とか、夕食代補助とか、「この仕事は好きじゃないとできない」とか言われましたね。今の言葉だとやりがい搾取ですね。人をコキ使おうとすることがありましたね。

プログラマー時代も炎上プロジェクトの放り込まれて、残業代が基本給を超えることが何度もありました。でも、腰を痛めたり、精神的にきたので、それを治すための治療費に消えていきましたね。時が経つのが非常に早くて、会社の建物の外から夕方の6時くらいに退社をしていく他社のサラリーマンが羨ましかったです。

それよりも辛かったのは、新卒の私に手取り足取り仕事を教えてくれた、直属の上司、先輩が会社に来なくなった光景を見た時が非常に精神的に来ましたし、体調を崩した彼らへの会社の対応を見て、会社への信用がゼロになりましたね。動けなくなったら切り捨てる、実写版カイジの世界を光景を見ていたので、「次は私か?」と自問しましたし、それが原因でプログラマーを辞めています。

元プログラマーの人で、私と同じような原因でプログラマーを辞めた人って多いんじゃないのかな?と考えています。新技術の習得は嫌いではないんですよ、IT業界の労働環境が嫌で会社を辞めている人は多いです。

会社は義務教育の延長

・新人研修の異常な追い込みが、企業による新人の価値観の破壊&洗脳のため、って事実はネットを通して知れ渡ったよね

餃子の王将が有名ですね。少し間にyoutubeで見ましたけど、気味が悪い研修でしたね。そんなお金にもならない研修をする暇があるなら、一刻も早く現場に出て料理方法や店の運営方法を教えた方が良いですね。声を張り上げるとかは餃子の王将の店員さんに求めていません。
安く、おいしい料理を出してくれれば、それだけでいいのです。餃子の王将の店員さんに、高級ホテルの接客なんか求めていないです。

あの意味不明で非生産的な研修を見ていたら、餃子の王将の店員さんが可哀そうだと思いました。あの研修が世に広まったら、お客は逆に餃子の王将には行かなくなるんじゃないの?

終身雇用なんてない

・現代では終身雇用制・年功序列はとっくに崩壊していて、会社はその人の人生を一生守ってくれるものではない。にも関わらず、会社側はいまだに社員に忠誠心だけを求めてくる。会社が一生面倒を見てくれるからこそ、忠誠心をもって働くんだっつーの

これありますよね。終身雇用でもないのに、あれこれやってと言ってくる頭の悪い経営者は多いですね。以前、勤めていた会計事務所の所長さんもそういう考えの人で嫌でしたね。たかが会計事務所の補助員にすぎない私に、「使っている会計システムの営業をしてこい」とか、意味が分からない業務命令が来ましたね。

例えるなら、そばの店員が業務で使っている製麺機の営業をしていたらおかしいだろう?違うのか?

蕎麦屋が蕎麦で勝負できないなら閉店した方が良いです。

おまけに薄給の会計事務所で副業禁止とかふざけたことを言っていたのも思い出しましたね。手取り20万もいかない給料で副業禁止なんて舐めているだろう。独身でローン無しならそれでもいいかもしれないが・・・
その前に、副業を考えなくてもいい給料は貰っていませんけど・・・

最後に

・社会に出ることで一番面倒くさいのは「人間関係」。コレが会社に存在するだけで、出社したくなくなる

この言葉に尽きるわ・・・

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 社畜 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。