アクセスランキング 偉そうに、進路指導をしてみた。 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

偉そうに、進路指導をしてみた。

      2016/12/28

この弱小ブログを高校生が読んでいるかどうかわかりませんが、書いていきます。私が社会で働いてみて、会計事務所で見てきた海外で働ける人を書いていきます。

やりたいことが決まっていない

したいことや夢が決まっていないなら、高校を卒業したら働いてください。まずは年収分の貯金です。働きながらお金を貯めて、将来抱くかもしれない夢を追うための資金を捻出しましょう。何もするにもお金が必要です。文系の大学に4年も通うのは時間とお金の無駄です。

長く働ける職場ならお金を絶対に貯金してください。働いている限り人間関係に悩むことが必ずあります。その際、貯金、資産は副作用がない精神安定剤になります。

工業高校卒業なら手に職の仕事にありつけると思いますので、そこでスキルを磨いてください。4年もあれば、周りが大学卒業することに、あなたは実務経験4年+資産持ちです。

私のように、働くことが嫌になることだってあるでしょう。というか、日本の学校教育を受けていて、学校に行くのが、かったるいと思ったことがあるなら、働くことに嫌気がさすことが必ずあります。会社というのは、学校の延長です。

やりたいことが決まっている

大学名ではなく、専攻内容が就職に直結しているかどうかを考えてください。有名大学で経済、社会学を専攻すると就職活動で苦戦します。自己PR、志望動機を書くときに苦戦します。だって、社会学、経済学を学んでないとできない仕事ってないですからね。

医者なら医学部、看護師なら看護学部というように、学んだことが就職に直結する物を勉強して、手に職を身に付けてください

その後就職して実務経験を積んでください。実務経験を満たしたら、外国で働くための語学を勉強して下さい。話を聞いたんですけど、看護師がオーストラリアの労働VISAを取るには、実務経験に加え、IELTS7.5(英検1級程度)でいいらしい?です。

手に職の仕事でもこのくらいの英語力が必要です。

あとは、以前の記事で書いた。機械の製造のエンジニア、プラントエンジニア、鉱物採掘のエンジニアも労働VISAが取りやすいです。

会計事務所で勤務してきて見てきた海外で働けるのは、手に職を持った人です。文系はありません。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 教育

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。