アクセスランキング 会社(刑務所)に収監される日の前日 会社辞めたい - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

会社(刑務所)に収監される日の前日 会社辞めたい

   

働きたくねぇ。本当に心の底から働きたくない。有給休暇(一日外出券)を今日取って、おふろの王様に行ってリラックスして、風呂に浸かっていい気分に、風呂から上がってマグロ丼とビールで乾杯して、天国が見えるほどの快感を味わったのに、また地獄が見えてきた。

会社辞めたい

今回は土曜、日曜、月曜と3連休であったわけだが、連休明けの仕事の事を考えてします。本当に嫌だ。最悪だ。会社へ行かないといけないという圧倒的絶望、嗚咽、私の体から怨嗟の空気が漂っている。

会社勤めの何が嫌って、起きたくもない時間に起きて、会社に行って1日8時間以上も拘束されるところである。効率的に仕事を終わらせようが早く帰れない。自由が無い。なさすぎる。助けてほしい・・・苦しい・・・

会社勤めのサラリーマンなら私の気持ちは必ず分かってくれるはず。わかってくれないのは経営者か、仕事が心底好きなちょっと頭が**しいという変わった方でしょう。

無職の時は、仕事の日の前日に襲った絶望感は無かった。毎日が日曜日で最高の気分だった。本当に輝いていた。毎日が楽しかったが通帳の残高が減っていくので多少は焦りがあったが無職の時期は楽しかった。
無職であることは私へのご褒美である。

無職になる才能

無職になるというのも才能がいるらしいが、私は無職は全く苦ではなかった。引きこもることもなかったし、旅に出たりする活動的な無職であった。もともとお金を使う趣味が無かったので、貯金はできたのである。

私は語学が趣味なので、休日でもやることはたくさんある。本当にたくさんある。ある意味、終わりが見えないので一度、語学の勉強をすると、長期間勉強ができる。私は一つの事に嵌ると没頭するタイプなので、会社勤めが無くなった暇時間をどう潰すかなんて心配する必要はない。

もし、早期リタイアをして、やることなくて発狂するという人もいるが、私には無縁のものだと思う。

みんなの仲間入り

明日から企業奴隷の仲間入り、刑務所に戻ります。労働者の皆様、どうかこのやる気がない、意識が低い、勤労意欲がない私を受け入れてください、お願いいたします。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - サラリーマン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。