アクセスランキング ドラクエの遊び人の転職したい。 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

ドラクエの遊び人の転職したい。

   

ドラクエ11が発売されたらしい。
働き始めてからテレビゲームをやらなくなったが、早期リタイアをしたら、子供のときのようにどっぷりゲームに浸かりたい。私の記憶では、最後にやったドラクエは7です。

憧れの遊び人

ドラクエ7の職業ではないが、ドラクエ6に「遊び人」という職業がある。この職業は全てのステータスがダウン?して、戦闘中でもいきなり遊びだして仕事(戦闘)しない、自由気ままな身分である。習得できる特技も有用なものがない。

働かないで遊びを極めた人間の末路みたいな職業だが、何にも縛られない状態に憧れる。現代の人間の社会だとニートのような職業です。引きこもりとは違い、勇者や魔法使いたちと旅をしているので外の世界には出ている。

ドラクエ3にも「遊び人」という職業があり、遊び人のレベルを20以上にすると、「遊び人」から「賢者」に転職することができ、魔法使い、僧侶のように、回復呪文、攻撃呪文が使え肉弾戦にも少しはできる。

今まで遊び惚けいていたのに、一発逆転ができて、社会復帰もできる。ある種の追い詰められた人の願望みたいである。

戦士は営業職

戦士という職業に就くと、HP、力、身の守りが上昇する。この職業は前衛、肉弾戦向きで、客からクレームという攻撃(敵の攻撃)があれば味方を守る、敵に攻撃をしかける最前線のソルジャーである。

サラリーマンでいうと営業職みたいな人である。販路を新規開拓をするうえで、飛び込み営業して、新規の敵を倒していく。そして器用ではないので、敵の攻撃や魔法を受けて戦闘不能になっていく。物語の終盤になっていくと、出番がほとんどなく、素早さも低いので敵に先手をとられることも多い、さらに、味方もある程度強くなっていき戦士の代わりになるので、本来の戦士はお荷物扱いにされることもある。

戦士ができることは、他の職業の人間にもできるようになってしまうのが悲しい、逆に戦士は魔法はいつまでも使えません。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - ネタ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。