アクセスランキング シェアハウスの利点(家賃以外) - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

シェアハウスの利点(家賃以外)

      2018/05/20

労働者の皆様。
こんにちは。働きたくね。労働はクソ。労働=懲役だと思っているリェータです。

シェハウスに住み続けている。家賃という固定費を削減するのが目的だが、それ以外にも理由があるので書いていく。これは住み始めて気が付いたことです。シェアハウスの家賃以外の利点を書いていく。

色々な職業の人がいる

シェアハウスという住宅の特性上、色々な職業の人がいるため、だいたいのことは解決する。キャリアと安く契約する方法を熟知している携帯販売員、ウェブサイトを作成の人、写真屋、シェフ、看護師等、色々な人がいるため、困ったときは彼らに聞けばいい。お礼に食材、お酒を渡せばwin-winの関係である。一人暮らしをしていると、こういう知恵を持った人がいないため、自分でネットで調べないといけない。これと関連しますけど、自分とは違う属性の人と関わることは刺激になります。生活保護を受けている無職のオッサンとか駄目な人もいましたけど、逆にすごい人もいます。これはメリット、デメリット表裏一体です。

防犯の役に立つ

私の住んでいるシェアハウスだけではないと思うが、見たことが無い顔の人がアパート内に入ってくると、非常に目立つ、アパートには誰かしらの目があるため、不審者は入ってこれない。女性に言いたいんですけど、防犯対策のアパートで家賃が高めの部屋より、他の住民の目があるようなアパートも防犯には役に立ちますよ。

イベント開催

一度、自分の手でイベント計画して実行するという、普段暮らしているだけではできない経験ができます。例えば、送別会、クリスマスパーティを計画して実行することは、一人暮らしをしていたら経験ができません。そのパーティを開催するにあたり、参加人数の把握、必要な食材の調達、消耗品を考えたり、大人数の調理経験もレストラン勤めではない限り、経験できないでしょう。それ以外にもお金の集金したり、BBQを企画すれば会場清掃、会場設営とか経験ができます。

会社の飲み会の幹事はまったく、やりたくないですけど、こういうシェアハウスの企画だったら自発的に動けるんですよね。不思議だ。やっぱり上下関係、利害関係がないような人間関係は気楽です。


当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 生活

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。