アクセスランキング サラリーマンをやめたい理由を力説してみる - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

サラリーマンをやめたい理由を力説してみる

      2018/06/03

労働者の皆様。

こんにちは。労働したくね。本当に辛い。サラリーマンなんてものは辞めたいといつも思っている。そして、その計画を実行するために必要な種銭を貯めている。労働していると、全然お金が溜まらないから辛いですよね。この辛い労働をあと何年続けないといけないのか?本当に悩ましい。今回はサラリーマン辞めたい理由、やりたいことを書いていきます。前回の記事の続きです。働きたくねぇ。会社辞めたい。

ストレスフリー

見たくもない同僚、上司の顔見ないようにする。という絶大なメリットです。そして、毎日決まった時間に会社に労働をしなくてもいいので、ストレスから解放されます。この解放感を、まだ言葉では表せませんが、「よよよ」さんのブログなんて参考になります。

不労所得で生活費を賄う事ができるようなになれば、無職でも誰にも文句を言われなくなります。それどころか「早期リタイア羨ましい」と言われます。好きな時に起きて、好きな時間にご飯を食べて、好きな時に働いて、好きな時に帰宅ができるようになります。

働くか、働かないかの選択権を持った資本主義の勝者に状態になるのが私の夢です。仕事を通したやりがいw、自己実現wなんてものには興味ありません。私が欲しいのは、経済的自由、時間的自由、場所的自由です。

やりがいだの自己実現だの偉そうなことを言っている人も、大金を手にしたら仕事を辞める人が多数です。飲み屋で仕事の愚痴がこれだけ世に溢れるくらいですから、潜在的な労働嫌いの人はたくさんいます。私のように働くのが嫌いと公言する人間は少ないだけです・・・

お金のことを気にしない労働しなくて良い自由な身になれたら、趣味に自分の時間、労力を使うことができます。勤労収入以外にも収入源を複数に分散させておけば、収入がゼロになるリスクも減らせます。体を壊しても収入がゼロになることもないので、サラリーマンより収入が安定します。むしろ勤労収入のひとつに依存する収入体制の方が危険性は高いです。

老いる前に自由になりたい

私は、老人になるまで働いて小金持ちになることは興味がないです。65歳になってから自由な身になっても意味がありません。あの世にお金を持っていけないし、老後の生活を豊かにするために、給料を上げる努力をして会社に残って残業は、やりたくないです。出世しても働かないといけないことには変わりないので、サラリーマンで頑張りたくありません。出世してわずかばかりの高給を得たところで、増大ストレや仕事へのプレッシャーを考えたら採算がとれないでしょう。ストレスが原因で稼いだお金以上に医療費に消えたり、増えた給料の分だけ家賃を上げたりしたら意味がありません。

そういうことをやると、ますます体を動かしてお金を得る世界から抜け出せなくなり、お金と時間に縛られたまま人生は変わりません。お金の為に働かなければいけない状態から脱出するのが私の望みです。月に20万円くらいの不労収入で私の場合は十分すぎる=経済的な自由を獲得できます。労働しなければ場所・時間・人間関係は自由になります。

私が欲しいのは「贅沢」ではなくて「自由」です。

さらなる自由

場所と時間が自由になれば、さらに時給に依存しない収入を増やすことに労力を注ぐことができます。

勤労収入に依存しないことで、株の配当金、ソーシャルレンディング等、自分が築いた種銭を基にしてお金にお金を稼いでもらう仕組みを作ったり、自分を儲けさせるためにアフィリエイト等を行うことで、自分の収入を増やすことに多大な労力を注ぐことができます。自分を儲けさせるために時間と労力を、自分の為に使うことができます。

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 自由な思考

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。