アクセスランキング また転職サイト(奴隷市場)からオファーが来た。 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

また転職サイト(奴隷市場)からオファーが来た。

   


おせち厳選情報をみんなのお祝いグルメ

マグロを全国にお届け!まぐろお取り寄せ通販専門店【マグロの吉井】

口さみしいとき、ゴディバのチョコレート



私は不本意ながら転職サイトに登録をしている。早期リタイアを目指している身でありながら、まだ勤労収入を期待している。なぜなら生活費を上回るだけの不労所得を築けないからです。

そんな求職サイトから今日、転職のオファーが来た。メッセージの文言をみると役員面接確定と書かれているが、全く興味はない。

企業が着目している私の経験

元プログラマーの経理経験者は少ないのか?どうか分からないが、税務・経理経験とプログラミング経験がある人材が欲しいという旨のオファーが会計ソフトの開発会社から来ていた。

仕事の内容は、日々の経理の仕事をしながら、会計ソフト開発への助言も行ってほしいということが書いてあった。給料も結構高い、年俸で約700万である。30代前半で、このお給料は高いが転職する気は全くない。

なぜなら、日本のIT業界での労働環境に嫌気がさして、経理職に就いている私が、こんなオファーを受け入れるはずがない。経理経験を生かしたプログラマーみたいな物になったとことで、働かないといけないことには変わらない。それ以前に、プログラマーの経験は25歳で止まっているので、このオファーをこなせるのか?という不安もある。

それに、毎日、夜の11時、12時まで働くような生活はうんざりなのである。それに、そんなに過酷な仕事をしたところで月給100万円もいかないでしょう。そんなに働きたくないから、小さな会社での経理職についているのである。高給でも体や精神を壊したりしたら、稼いだお金以上に医療費がかかってしまい手元にお金が残らなくなります。

無職へのオファー

毎月20万円の権利収入・配当収入が得られる無職へのオファーなら飛びつきますよ。仕事で体を精神を日々すり減らしている私には、「働かなくていい」というオファーが欲しい。それは非現実でも、週休3日、1日の労働時間は6時間という仕事でもいいです。

ところでなんで、どこの企業も1日8時間週5日勤務を前提とした会社ばかりなんでしょうかね?1日6時間勤務の職種があったっていいじゃないか!

本当に、週5日、40時間以上を労働に捧げる生活から逃げたい。本当に会社を辞めたい。年齢が20代半ばだったら転職に踏み切るんでしょうけど、今は転職は無理そうな気がする。

この決断力の無さが、労働に縛られる原因なんでしょうね。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 就職・転職