アクセスランキング お小遣い制の夫は理解できない - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

お小遣い制の夫は理解できない

      2018/01/06

労働者の皆様。こんにちは。リェータです。
家族のために、全力で働く世の中のお父さん、お疲れ様です。
この命と時間を家族のために犠牲になさる崇高な理念を持ったお父さんは尊敬します。

ですが、同時に見ていて、何が楽しくて生きているのだろう?と思う旦那さんもいます。

見ていて情けなくなってくるのは、自分で稼いだお金を他人に管理されている人です。自分で稼いだお金を他人に管理させる、そんなことで我が子にお金の大切さをどうやって教えるのでしょうか。これは恥ずべきことです。

お小遣い制度の人

やりたくもない、自分の命を削りながら労働した結果としてお金というものをもらいます。そのお金を自分で管理ができなくて他人(妻)に任せていることに違和感、疑問をもったりしないのでしょうか。

お金を他人に握られることは、生殺与奪を握られることを、会社で働いているのに、そのことが危険だということはわからないのでしょうか。

もし、妻が夫の資産を管理するなら夫に報告義務があるでしょう。口座にいくら入金があって、支出は**円があり、++に10,000円を使いました。という具合に報告するべきです。

会社なら出資をして、そのお金を使って売上がいくらあって、支出がいくらあってというものを出資してくれた人(株主)に報告します。でないと、会社の運営に支障がでるし、出資したお金を使途をはっきりさせます。

そんなこもできない妻なら、お金の管理をさせるべきではないし、給料振込口座を変えるべきです。カイジの利根川先生ではないですが、お金というものは自分という存在、時間を犠牲にした結果、お金に交換します。

資本主義という社会体制をとっている以上お金は命の次に大事です。お金がsないことは尊厳、人権を踏みにじられることを意味します。お金がないと自分がやりたくもない労働して、命と時間を削らないといけない。

夫をこき使う妻は悪妻と言っていいでしょう。夫のことを本当に大事だと思っているなら、疲れ切った夫を慰労したり、夫の逃げ道を確保するための金策を考えます。あるいは副収入を作ります。

お小遣い制を強制

私はがもし、妻にそんなことをさせられたら、一発離婚ですね。命の次に大事なものを人に管理させるなんて、そこまでだらしない人間にはなりたくありません。

元会計事務所勤務、経理の私よりお金の管理ができて、早期リタイアのための種銭旁をしている私よりお金の管理がうまいなら任せてもいいですが、そんなことができる女性はほぼいないでしょう。あるいは、私の資産額を超える金額を作った女性ならいいかもしれません。

早期リタイアを目指すブロガーさんに比べれば、へなちょこな資産額しかないですが、世間の同世代の中央値の額よりははるかに資産がありますよ。それを超えられる資産を築いているなら、管理を任せるかもしれません。

貯金がほぼできない、帳簿付けたことがない奴が人の資産を管理すると言ったなら、鼻で笑います。人の資産を管理するまえに、自分の資産を管理しろよ。

当ブログお薦め記事

当ブログお勧めの記事

収入源を複数確保する方法を考えてみた
一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - お金 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。